ストーリーの内容について

月替わりで、その季節の旬なもの・美味しいものを活かしたお料理教室を開催しています。

美味しいことはもちろん、食べられる方がより健康的で過ごせるように薬膳要素を取り入れており、家庭で実施できる一番身近で、そして大事な食を活かした薬膳家庭料理です。

そして手作りだからこそ、1つの食材から多様な料理を作りだす経済的で、効率的なお料理を学んでいただけます。

【9月のテーマ】秋の花かごランチ(写真1枚目)
【10月のテーマ】和食でハロインパーティー
【11月のテーマ】ひと足早いクリスマスメニュー

このストーリーを始めたきっかけ

幼い頃は、偏食の多い子供でした。ネギ、ピーマン、人参、魚、牛肉が嫌いでした。多分、母は大変苦労したと思います。
結婚後、自分が料理に触れるようになると、家族のためにと言う意識が必然的に芽生えてきました。
母はおもてなし上手、父は自ら手作りの料理を作る家庭でしたので、これもまた、必然的に料理が好きになっていきました。
衝撃だったのは、小学生の頃に招かれた同級生誕生日会で、同級生お母様が手作りのケーキでもてなしてくれたこと。
お店で買うのがケーキとばかり思っていた私は、ケーキが家で作れることを知りました。
親戚宅で出された手作りのグラタンやコロッケ。こんなものまで手作り出来るのかと、今でもその時の衝撃は忘れられません。
買うより美味しい、食の安全が自分の目で確認できると思ったら、できるものは全て自分で作ろうと思い、今では自家製の調味料まで作ってしまいます。
大病もなく、今まで生きてこれたのは、このような食に対する理念があったからだと思います。
多くの食材を扱う中で、食材ひとつひとつに秘められた効能があること知り、これまで意識せずに作っていた
自分の料理が薬膳的であることを確信しました。
漢方医療に携わる医師の後押しもあり、薬膳に出会いました。
特別な食材を用意する必要はなく、家庭でも簡単に作れる薬膳で、薬に頼らない
食生活を伝えて行きたいと、2012年9月に自宅での 料理教室を始めました。


このストーリーを提供する思い

お料理は手間がかかるからとコンビニや外食で済ませたりすること、ありますよね。

けれど、便利の代償になっているものもやっぱりある訳です。それって何でしょうか?

少し時間や手間がかかっても、季節のものの食材が持つ旬のエネルギーを受け取ったり、素材の美味しさがもっとも出るようにだったり、栄養素を効率良く消化できるようだったり、そして1つの食材から多様な種類のお料理を生み出すことだったり、たくさんの知恵が詰まっています。

これらの恵みを受けずに、理解せずに、手軽だという1点だけで食事をしているのであれば、まずはその1食を変えるきっかけになれば嬉しいです。


古原  のり子さんのプロフィール

*パーソナルヘルスマネジメントシェフ 身体に不安を抱いている方に適切な食事メニューを提案し、お作りするシェフです。 *おもてなし/薬膳家庭料理教室 主宰 健康を意識し、安全な食材と調味料を使用して作る、薬膳家庭料理の教室を開催しています。 料理好きが高じ、幾多の料理教室に通い、2012年に自宅料理教室を始めました。 2016年飯能に移住し、友達も居ない、土地勘もない私が、思いついたのは、商工会議所で提供している、レンタル店舗でお惣菜の店を出店することでした。 日替わりシェフの店 hunny's kitchen"お飯菜"(おばんざい)と読みます。 私が住んでいる埼玉県飯能市は、埼玉県の南西部に位置し、7割が山野と言う自然に恵まれた土地です。 固定種野菜、オーガニック野菜が作られる畑があります。そんな野菜や手作りの伝統的な調味料を 使い、お惣菜の店の出店の経験を半年間やらせていただきました。年々お年寄りが増えてくる町には、大変重宝がられました。忽ちにして、友達が増え、また、飯能の町を知る人が色々な情報をくれます。今でも惣菜のお店のオファーはありますが、現在は自宅料理教室を再開して、各自の身体の特性に合った、薬膳の家庭料理を学んでいただいております。 また、11月(予定)ぐらいに、神田小川町で教室スペースを用意出来ることとなり、益々アクセス良く、利用して頂ける環境になります。 もちろん、飯能でも教室を行います。



その他の事項

注意事項
アレルギー有無教えてください。 持ち物 : 筆記用具、ハンドタオル
金額に含まれるもの
材料費、ドリンク、レシピ
参加人数
1回について6名まで。また各回2名未満の場合は実施しません。
実施日の2日前21時の時点で実施有無を決定。自動キャンセルに伴うキャンセル料は発生いたしません。
キャンセルポリシー
開始2日前まで全額返金します。


レビューがない