ストーリーの内容について

サバイバルゲームが持つ知力・体力・チーム作りの要素を残しつつ、より安全に、多くの方に参加していただけるように進化させた新たなスポーツ『フラッグハント』。

今まで7年の活動を経て、フラッグハントが今回更に進化!

なんと赤外線銃で楽しむことができるようになりました!!

今までは、BB弾を発射する競技用銃でのプレイだけでしたが、この度【フラッグハント専用の赤外線銃】が完成!

◆弾が出ないので安全(老若男女が楽しめる)
◆ヒット判定が明確でよりフェアなスポーツに
◆マスクなどの特別な服装が不要で気軽に参加できる

など従来の競技銃とは違う感覚でフラッグハントを楽しむことができるようになりました。

当イベントでは、赤外線銃を使ったフラッグハントを体験頂けます。

ご友人・知人を誘って、ぜひ赤外線銃を試しにお越し下さい!

10時00分:フィールドの準備。障害物をフィールド内に設置する手伝いをお願いします
10時45分 :赤外線銃説明、試射
11時15分〜 :フラッグハント競技(途中お昼休憩30分)
15時15分:フラッグハント競技終了、片付け
15時50分:撤収完了
16時00分 : 締め

このストーリーを始めたきっかけ

サバイバルゲームというとその楽しさを知っている方も多くいらっしゃいますが、一方でどこか安全性がなさそうで怖い・初心者には難しそう・体力がない女性などは参加しにくいと思っていらっしゃる方も多いと思います。

僕自身、サバイバルゲームの楽しさにのめり込んでいた一方で、まだまだその楽しさを理解してもらえない人たちにどうすればもっと気軽に、安心して遊んでもらえる、スポーツに仕立て上げるか。

そんな挑戦を考え、作った新たなスポーツが「フラッグハント」でした。


このストーリーを提供する思い

お蔭様でサバイバルゲームはやったことのない人や女性にも多く参加いただいてきたフラッグハント。

確実にフラッグハント人口は増えていっておりますが、目指すはオリンピック正式種目化。

そのためにはと、仲間たちとも改善策を考え、そして自分たちで試作をし完成したのが赤外線銃。

これによりより安全に、そして判定もしっかり出来るようになりました。

ぜひフラッグハントを通じて、ビジネスにも繋がるような考えながら動く、そして状況判断する力や仲間と力を合わせる力を感じていただきつつ、このスポーツに集う素晴らしい仲間たちとの出会いを楽しんでください!


湯村 淳さんのプロフィール

1980年生まれ、大阪出身。07年にリクルートに入社。11年にサバイバルゲームをより安全で、誰しもが楽しめるスポーツとしオリンピック競技とするために新スポーツ『フラッグハント』を考案、社団法人を設立。知力・体力・組織作りなどありとあらゆる能力を駆使するフラッグハントの魅力を広めています。



その他の事項

注意事項
 ・ 室内用シューズ(フットサルコートですが、室内用をご用意ください)  ・ 帽子 : ヒットセンサーを頭に巻く為、帽子は持参必須です。※野球帽などがオススメです。(忘れた場合には事務局にて販売しております。 一個300円)  ・ 健康保険証  ・ ジャージ等動きやすい服装 ※一般利用者の方もいらっしゃいますので、公共の場におけるマナーに配慮したスポーツに適した服装でご参加下さい。サバイバルゲーム等で一般に用いられる迷彩ジャケット又は迷彩長ズボンの着用はご遠慮下さい。
金額に含まれるもの
・施設利用料  ・赤外線銃、ヒットセンサーレンタル料 ・その他共用備品等の費用
参加人数
1回について5名まで。また各回1名未満の場合は実施しません。
実施日の2日前21時の時点で実施有無を決定。自動キャンセルに伴うキャンセル料は発生いたしません。
キャンセルポリシー
開始2日前まで全額返金します。


レビューがない